統括プロデューサー 今井義博の経営哲学
最も身近な開業のパートナーは“妻”である

開業を決める前に“妻・夫”と話し合って
おかなければならないことが山ほどある。

開業してから1年間は、苦労の連続
精神的にも体力的にも支えてくれたのは“妻”である。

開業を決める前に“妻・夫”と話し合っておかなければならないことが山ほどある。
開業することによって現在の満足を犠牲にして、将来の不安を供に解消し、
苦労しても供に新たな人生設計をする協力を妻から得られるかどうかが最も重要なことである。

最低でも次に挙げることについては、じっくりと話し合い、議論し、
それぞれの合意が取れるまで時間をかけなければならない。

上記項目を、ここであえて詳細に書く必要はないと思われるが、とにかくご夫婦でじっくり話し合うべきである。
そして、両者が納得した合意、結論がでるまでは、開業することは避けるべきである。

ここで話し合った結論は、夫婦の約束ではなく、共同経営者同士の大事な契約内容である。
話し合った結果を書面にておくことをお奨めする。子供たちが医師となり開業を志した時に、読ませてあげたいものである。

著者プロフィール eMail mail@imai-yoshiro.com

今井 義博の写真

今井 義博

経 歴

  • 1961年、東京生まれ
  • 暁星学園小中学校卒業(暁星歯学会・事務局長)
  • 早稲田実業学校高等部卒業
    (早稲田実業学校校友会・代議員、サッカー部OB会・副会長)
  • 早稲田大学専門学校建築設計課卒業・現早稲田大学芸術学校
    (稲門建築会会員)
  • (株)銀座コージーコーナー(店舗開発設計室)
  • (株)清水建設(OAセンターCAD開発)
  • (株)デンタルリサーチ社(職業紹介事業・東京都第1号)
  • Tokyo Expert Network of Japan(J-TEN)代表
  • 詳細プロフィールはこちら >>

著 書

  • 医療人事戦略(クインテッセンス出版)
  • リニューアル&ニューオープン
    (クインテッセンス出版)
  • 歯科医院経営近未来学(クインテッセンス出版)
  • 挑戦する医院経営(じほう社)
  • 医院経営と空間デザイン
    (Health Sciences Vol.24No1 2008日本健康科学学会誌掲載)