成功者の条件 -懐疑主義者的発想

特に物事が順調に進めば進むほど、
「何かが違うのかもしれない」と問いかける習慣をもっているだろうか

 私の知る“成功者”は、常に自分の判断や思考に疑いの余地を残しておくという発想を持っている。
特に物事が順調に進めば進むほど、「何かが違うのかもしれない」「順調だと思っているのは私だけかもしれない」「潜在化している問題があるのではないか」などと自分自身に問いかける習慣を持っている。だから、問題が発生した時には、問題が顕在化したと歓迎し、問題に対して客観的に取り組むことができる。そして、負の財産だったはずの問題を、“原因の追究”というプロセスと“解決”という結果をもたらし、いつの間にか正の財産に、つまり、問題を資産化してしまうのである。

開業を成功させるためのプロのノウハウ、提供します。 プライベート・セミナー  10年後を見据えた開業 ― 成功者たちからの提言 ―

統括プロデューサー 今井義博×学界著名人 対談テーマ:日本人の健康を考える

物件情報

物件募集しています。

皆様が管理されている物件と、
開業希望の医師・歯科医師との
マッチングを実現します。

詳しくはこちら>>

経営支援ツール

予約キャンセルを減らし、売上をUP!キャンセルバスター

予約確認メールの自動配信でキャンセルを
減らし、クリニックの売上を促進する強力な経営ツールです。

詳しくはこちら>>

CO2削減設計

物件募集しています。

当社のCO2削減設計は、ランニングコストを最高40%削減できる 技術を持っています。

詳しくはこちら>>