7つの前提条件 -自己資金能力

“自分で持っているお金”=自己資金、 ではない。

“自分で持っているお金”=自己資金、ではない。無利子・無担保・無保証人で準備できる金額の合計が自己資金であると解釈しても良いだろう。つまり、親族などからの借り入れできる金額も含まれるのである。
 自分の資金能力を把握できないで、開業を語ってはいけないし、自己資金を最初に聞いてこない企業または個人を信用することは危険である。なぜなら、自己資金能力のレベルによっては、全く開業の方法が異なるからである。
ちなみに、自己資金が少ないから開業できない、と思っている人がいるが実はそうではない。お勧めはしないが自己資金が“ゼロ”でも開業は可能である。この類の話しを積極的に働きかけてくる“企業に属さない個人”には要注意である。

開業を成功させるためのプロのノウハウ、提供します。 プライベート・セミナー  10年後を見据えた開業 ― 成功者たちからの提言 ―

統括プロデューサー 今井義博×学界著名人 対談テーマ:日本人の健康を考える

物件情報

物件募集しています。

皆様が管理されている物件と、
開業希望の医師・歯科医師との
マッチングを実現します。

詳しくはこちら>>

経営支援ツール

予約キャンセルを減らし、売上をUP!キャンセルバスター

予約確認メールの自動配信でキャンセルを
減らし、クリニックの売上を促進する強力な経営ツールです。

詳しくはこちら>>

CO2削減設計

物件募集しています。

当社のCO2削減設計は、ランニングコストを最高40%削減できる 技術を持っています。

詳しくはこちら>>