7つの前提条件 -円滑な退職方法

自分都合の退職は、
民事上で訴えられるケースもでてくる。

一言で『円滑な退職方法』と言っても、その雇用契約や勤務状況、経営体質によって異なる場合がある。つまり、自分都合で退職することが通用する場合と、そうでない場合があり、“場合”によって、円滑な退職方法が異なるので要注意である。要注意と言わなければならない理由は、労基法で守られている立場の従業員であることに甘んじて勝手な行動を取って、事業所に損害を与えた場合は、民事上で訴えられるケースもでてくるからである。

開業を成功させるためのプロのノウハウ、提供します。 プライベート・セミナー  10年後を見据えた開業 ― 成功者たちからの提言 ―

統括プロデューサー 今井義博×学界著名人 対談テーマ:日本人の健康を考える

物件情報

物件募集しています。

皆様が管理されている物件と、
開業希望の医師・歯科医師との
マッチングを実現します。

詳しくはこちら>>

経営支援ツール

予約キャンセルを減らし、売上をUP!キャンセルバスター

予約確認メールの自動配信でキャンセルを
減らし、クリニックの売上を促進する強力な経営ツールです。

詳しくはこちら>>

CO2削減設計

物件募集しています。

当社のCO2削減設計は、ランニングコストを最高40%削減できる 技術を持っています。

詳しくはこちら>>